医師による診療と管理栄養士による健康・栄養教育とを組み合わせて行う「系統的健康栄養教育プログラム」

女性健康医学講座とは

女性健康医学講座とは 超高齢社会となったわが国において、次なる課題は健康寿命の延伸です。平均寿命世界一を誇るわが国女性が心身ともに充実した生を全うするためには、若年期・中年期から健康の維持に努めることが重要です。中でも「食」は運動と共に生活習慣を構成する最大の因子であり、一生を通じて健康に大きな影響を与えます。東京医科歯科大学周産・女性診療科ではこのような観点から、医師による診療と管理栄養士による健康・栄養教育とを組み合わせて行う「系統的健康栄養教育プログラム」を通して、多数の女性の健康維持に関わってきました。
 このような我々の取り組みに共感されたキッコーマン株式会社のご厚意により、2012年4月には「『食』による女性の健康維持」を中心的課題とする寄附講座「女性健康医学講座」を設立し、様々な領域における女性の身体的・精神的機能の加齢による変化と、食品・薬品およびそれらに含まれる生理活性物質がこれに対して与える影響についての研究を行い、多くの情報を発信してきました。

 このたび女性健康医学講座は第2期を迎えます。教授に就任した寺内公一を中心に、さらなる発展を目指して、「『食』による女性の健康維持」に関する研究を推進してまいります。

■連絡先